着物にチャレンジをするなら

着物にも季節感があります

身近で着物を着る機会はあまりないと思いますが洋服のようにちゃんと季節によって衣替えがあります。薄着と厚着の区別と柄で区別され、薄着と厚着の場合は10月から5月は袷(あわせ)というのを着ます。洋服で言えば長袖と思ってくれるとわかりやすいと思います。最近は暑い事が多いので着物でも普段着る方なら薄手の着物をきる方もいらっしゃると思います。
本来は薄手は7月から8月に着るもので生地が夏用の生地になってますが年々暑い日が早い時期にもありますので、普段に着るなら薄着でもいいと思います。柄にも1月から12月まで様々なその月に合った柄があります。簡単に説明しますと、一ヶ月事に柄を変えるという事です。冬なのに向日葵の柄だとおかしいですし、夏に雪をモチーフにした柄ではおかしいからです。冠婚葬祭や訪問着などならちゃんとその季節感にあった着物を着ないと先方様に失礼になってしまいます。
今はいろいろなデザインの着物があります。季節を問わないデザインもありますので、これから着物をチャレンジする方なら季節感を問わない着物がいいかもしれません。季節感を出す着物だと帯、草履も気にしなくてはなりませんので最初は簡単に、段々とステップアップすればいいと思います。安価な価格の着物から始めればいいと思いますし自分で着付けが出来る様になったら着物にこだわりをもってもいいと思います。

折角日本に生まれたのだから着物を着たい

着物って、とても上品に見えますし、実際に着てみると自然にしぐさが美しくなるように動いてしまいます。でも着物って、一人で着るには練習が必要だし、保管の仕方や畳み方も、普段のお洋服のようには気軽に扱うこともできません。成人式や卒業式、結婚式くらいしか着物を着る機会って、ないんじゃないかと思います。その時もやっぱり着付けを頼んで髪の毛のセットもしてもらって、高い価格をはらって、着物を着ている時間って、特別な気持ちになりますよね。
ただ、最近では街中で着物のショップを見る機会が増えました。着物の柄も、レトロなものやポップなものなどもあって、現代風です。時代は巡るといいますが、いろいろなたくさんの新しい情報に囲まれ、分刻みどころか秒刻みで時間に追われているような現代の人たちには着物がおしゃれにみえるのかも。
私は将来、着物を普段着で着るような大人の女性になりたいと思っています。たまに街で着物を着た女性を見かけることがあるのですが、すごく憧れの気持ちをもって見てしまいます。タイトルにもある通り、せっかく日本に生まれたのだから、着物を着たいなあ、と思います。高い価格でもちょっと奮発して、1着くらい、自分の着物を持っていたいものです。

きもの初心者から、上級者まで、お気軽に利用できるコールセンター完備です。 コーディネートのご相談、お手入れのご相談、経験豊富なスタッフが対応します。 我が社では寸法直しを国内手縫いのみで丁寧行っており、価格も袖の身丈で30000円と特別料金になっています。 着物のファンの方に担当者別のコーナーを掲載して部類分けして販売しているので着物選びがよりしやすくなっているのが、他社との違いです。 着物の価格を知りたい方はこちら

News Post

2017年08月22日
色々な柄を楽しもうを更新しました。
2017年08月22日
最近では価格の低い着物もあるを更新しました。
2017年08月22日
お気に入りの一枚を組み合わせて楽しむを更新しました。
2017年08月22日
自分に似合う着物で素敵な思い出を作ろうを更新しました。

CONTENTS

色々な柄を楽しもう

おしゃれな着物で和服デビュー 着物は改まった式典の時などに着るものというイメージがあり、若い女性にとっては、敷居の高い…

もっと読む

最近では価格の低い着物もある

着物の値段の秘密と高額な物が存在する話 着物と言えば高価な衣服と考えている人が多いはずです。昔ながらの伝統技術を使い、…

もっと読む

お気に入りの一枚を組み合わせて楽しむ

着物をポップに楽しむ女子 着物というと結婚式や成人式、七五三や卒業式など人生イベントに登場するものというイメージが大半…

もっと読む

Copyright(C)2017 着物を比較的安い価格で手に入れる方法 All Rights Reserved.