お気に入りの一枚を組み合わせて楽しむ

着物をポップに楽しむ女子

着物というと結婚式や成人式、七五三や卒業式など人生イベントに登場するものというイメージが大半かもしれません。ですがここ数年、じわじわと着物を自分たちで楽しくアレンジしながら、日常に着ることを楽しむ女性や男性が増えてきたのをご存知でしょうか。着物にレースをあしらって、半襟、帯揚げ、帯飾りに使ってガーリーなアレンジを加えたり、着物なのにハイヒールやベレー帽、カンカン帽などを組み合わせて、上手に着こなす人たちがいます。
彼女たちのテーマはポップに楽しく着物を自分らしく楽しむこと。型にはまったフォーマルな着物がある一方で、それだけではつまらないと今、着物女子たちは進化をはじめているのです。お出かけはワンピースを選ぶように着物を選び、帯を組み合わせていく。お金持ちの道楽じゃないかと思うかもしれませんが、彼女たちは上手に中古価格のものや新中古と呼ばれる着物を古着屋や骨董市、着物市で安い価格で見つけてきます。
一枚数百円よいう価格からの世界でまさに自分のファッションセンスを試すかのように、何十枚の着物や帯の山からこれという一枚を選び抜く姿は、バーゲンワゴンから自分に似合う一着を探し当てる姿と大きな差はありません。たった一度しか着れない高級着物を数時間だけまとうのもいいですが、お気に入りの一枚をいろいろな組み合わせで日常で気軽に楽しむのもまた心豊かになる体験です。

着物を着るのに最適な場所とイベント

大学の入学式に行くと、沢山の学生達及びその家族の姿を見ることができます。大学は中学や高校とは違って、自由な服装で通うことができるので、スーツを身につけたり着物を着て入学式に参加する人がいます。着物には、着る人の魅力と美しさを引き出してくれる効果があるので、参加していれば注目を浴びやすいです。目立つので場合によっては、誰かに話しかけてもらえることもあります。なので、友達作りのきっかけに良い効果を発揮してくれることでしょう。
夏に入ると各地域で祭りが行われる機会が増えます。夏の風物詩とも言える祭りに行くと、着物姿の男女の姿を多く見やすいです。その姿を見ると暑そうと感じるかもしれませんが、夏用の材質が薄くできている着物を着ているので大丈夫です。最も多く見かけるのが、祭りと一緒に登場した出店の側と思われます。しゃがんで金魚すくいをしていたり、射的に興じる着物を着た人達の姿があるので、遠くからでもすぐに分かります。
正月に初詣のため神社に行くと、着物姿の女性が拝んでいる場面を見ることができます。願い事をしたり絵馬に何かを書き込んだりと、神社に来た目的は人によって色々です。冬に着る着物は夏用と違って厚めになっているので、寒さはそれほど感じないです。

News Post

2017年08月22日
色々な柄を楽しもうを更新しました。
2017年08月22日
最近では価格の低い着物もあるを更新しました。
2017年08月22日
お気に入りの一枚を組み合わせて楽しむを更新しました。
2017年08月22日
自分に似合う着物で素敵な思い出を作ろうを更新しました。

CONTENTS

色々な柄を楽しもう

おしゃれな着物で和服デビュー 着物は改まった式典の時などに着るものというイメージがあり、若い女性にとっては、敷居の高い…

もっと読む

最近では価格の低い着物もある

着物の値段の秘密と高額な物が存在する話 着物と言えば高価な衣服と考えている人が多いはずです。昔ながらの伝統技術を使い、…

もっと読む

お気に入りの一枚を組み合わせて楽しむ

着物をポップに楽しむ女子 着物というと結婚式や成人式、七五三や卒業式など人生イベントに登場するものというイメージが大半…

もっと読む

Copyright(C)2017 着物を比較的安い価格で手に入れる方法 All Rights Reserved.